希望にあった矯正歯科を選ぶために|治療の流れを事前に調査

新しいマウスピース矯正

沢山あるメリット

治療室

みよし市で最新のマウスピース矯正が「インビザライン」です。
インビザラインは、透明のマウスピースで歯並びや咬み合わせを矯正する、マウスピース矯正の一種です。
マウスピースは、滑らかで薄いプラスチックで出来ています。
前歯につけていてもほとんど目立たず、矯正中でも誰にもバレないのがメリットの一つです。
また、完全オーダーメイドの極薄のマウスピースなのでフィット感があり、矯正中痛みがないのも特徴です。
いままでのマウスピース矯正の場合、歯型からマウスピースを作るために1ヵ月に何回も歯科クリニックに通院する必要がありました。
しかし、インビザラインなら、最初にコンピューターで最終的なデザインを確認し、それまでに必要なマウスピースをあらかじめ作っておきます。
そのため、歯型を取るために頻繁にクリニックに通院する手間が省けます。
インビザラインの場合、だいたい1ヵ月〜3ヵ月に一回程度の通院でOKです。
これが、仕事で忙しいサラリーマンやOLにもインビザラインが選ばれている理由の一つです。
インビザラインは、みよし市の矯正歯科がある一部歯科クリニックで採用されています。
みよし市に住んでいて仕事で忙しい人、誰にも気づかれないで歯並びを治したい人達に人気です。
インビザラインで必要な費用は、みよし市でもクリニックごとに異なります。
歯並び全体の矯正だと100万円以上しますが、部分的な矯正であれば50万円以下でもできます。

治療の流れ

レディ

みよし市の市内で歯列矯正をしようとする人が最先端技術のインビザラインで矯正をしようと思うと、その治療ができる歯科医は限られています。
みよし市で実績のあるインビザライン治療ができる歯科医を探すためにも、インビザラインの事をよく理解しておく事が大切です。
今からの10年前、インビザラインという新しい矯正方法が2008年に日本に導入されました。
インビザラインは一度つけたら歯科医でないと外せないブラケットタイプでは無く、自分で取り外しができるマウスピースタイプになります。
ですから、食事の時やブラッシングの時に取り外しができるので、口の衛生面でもとても有効な方法なのです。
そしてブラケットとワイヤーなどの摩擦での痛みなども少ないのも、この治療法が好まれる要因です。
この治療方法ではまず精密検査をします。
レントゲンをとったり、歯の型をとります。
3D治療計画ソフトによって、歯列の最終移動位置をシミュレーションします。
そのシミュレーションによって、マウスピースの設計を決めて各の歯列に合ったアタッチメントを使ってマウスピースを作成します。
そしてマウスピースを使って治療を進めていきます。
治療が終わったら、その人の噛む癖などによって後戻りしないように、保定器(リテーナー)を半年から一年付けて、歯列を安定化させていきます。
ただ、インビザラインは日本に導入されて、まだ10年程度の新しい技術なのです。
そのため、せっかく高い費用をかけて矯正するなら、しっかりと効果が出る歯科医を選びたいものです。
みよし市でも症例の多い所はまだまだ少ないのが現状です。
そのためにも、みよし市でインビザラインを探すためにもある程度の知識を持った上で歯科医選びをすると良いと言えるでしょう。

歯並びを治したい方に

歯科医

インビザラインは透明なマウスピースを用いた目立たないタイプの歯列矯正の方法です。
取り外しが可能で食べ物が食べやすく自分で装置のケアが可能、お仕事の関係で目立つ歯列矯正はできないという方でも歯並びの改善を行うことが出来ます。
愛知県みよし市周辺のエリアにはインビザラインによる歯列矯正を行っている歯医者が多数あります。
目立たない歯列矯正を行いたいという方、みよし市やみよし市近郊にお住いで歯列矯正を検討されている方にオススメです。
みよし市周辺エリアまでは少し距離はあるが、インビザラインによる歯列矯正を行いたいという方にも人気となっています。
インビザラインは歯並びを調べるためのレントゲンや歯型を採ってマウスピースを作る為、マウスピースを装着するまでに数回通院するのが一般的です。
マウスピースが完成すると本格的な矯正治療の開始となります。
また、虫歯や歯周病がある方は矯正治療の前にそれらの治療を行います。
マウスピースの装着が始まると、一ヶ月半から二ヶ月に一回のペースで通院し、歯並びをチェックします。
マウスピースは取り外し可能ですが1日の間に20時間はつけていないと矯正効果がないので注意が必要です。
歯磨きや食事をしている間はマウスピースを外すことができるので便利です。
インビザラインによる矯正にかかる費用は矯正する歯並びの度合いによって異なりますが、全体矯正を行う場合は約80万円から100万円ほど、部分的な矯正では安くて30万円ほどからとなっています。
マウスピースを付けて矯正する期間は一年半から二年間となっており、その後、矯正した歯の位置を保定するための器具を装着して過ごす期間が二年間ほどかかります。